ふたたびはわたらない橋のながいながい風

相も変わらず
負け試合を意気揚々と

<< 潮が満ちたら畳まで海になる | TOP | 秋風にたなびく雲の絶間より >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
300メートルのお堀
ここのところ、2件立て続けに「落ち込んでる」っつー連絡がきて
仕方ないから話とか聞いちゃるハメになり
結局、最終的な原因というか要因みたいなものを曖昧にぼかされ、
その上、
それ以上つっこんで聴くことは、やぶへびだということだけが
ひしひしと伝わるような含みだけは感じるから
まあ詳しく尋ねるのは差し控えてみたりしてるのに

最後には見事に同じような感じで面倒くさいプレッシャーだけは
かけられ次回戦へという流れ

嗚呼

星回りが悪いとしか思えない

まあそれだけ余裕がない状況なのだろうと推察するが
私だって薄氷の上を歩くような会話ばっかりするのは疲れるんだ
SOSにはきっちり答えてあげたいとは思うけど
できることとできないことがあるし
言ってあげられることとあげられないことがあるんだ

と切り返すには元気がなさすぎるから
元気のないフリという高等技術を伴った作戦だったりしたらどうしようなんて
頭の裏で妄想しつつ、ディフェンスラインだけはしっかり守りながら
まあ、元気をだせよと言うしかないのだ

めんどくさーいなーもう
私が落ち込んだときは是が非でも助けてもらうことにしようっと


00:59 | 思うこと | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:59 | - | - | -
コメント
お疲れさま。

以前は自分に振られる話って「なやんどる」が多かった。
最近は「よいことがあったから聞けれ」率が上回るようになった!
これは星回りの吉兆なのかな。
そう思うことにしよう。
2009/10/05 10:20 PM by tongari
>tongari
コメントありがとう。返信遅くてごめんなさい。

よいことあったから聞けれ は素敵だね!

私も悩みを聞くことが嫌な訳では決してないのだがねえ。。
2009/10/19 2:30 AM by ち
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sensuzu.jugem.jp/trackback/242
トラックバック