ふたたびはわたらない橋のながいながい風

相も変わらず
負け試合を意気揚々と

<< 揃えて脱いで靴箱へ。晒して剥いで剥製に。 | TOP | 7/366 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
端を、物語の淵を、歩く

新年あけまして。でもあんまり明けた実感がないな。

なぜかどうもどうにもこうにも
安定感のない今日この頃
柄にもなく今年の目標とか定めそうになっちゃったもの
年末年始でチューニングしようとしたら
組み立て方が分かんなくなっちゃった的な様相

まあ、どうしたって、どうもしなくたって
なるようにしかならないのだし
自分の枠やスタイルは外に出ないように囲うためのものじゃなくて
前線を上げてく時にかかげる盾のようなものだと

そう思ってお茶を濁してみる


がっつりモノを減らしたい衝動にかられているのだけど
面倒くさくて行動に移しきれない・・・
セール始まったから伊勢丹/西武など覗いたけどいまいち物欲刺激されず
たぶん「モノが捨てられないのに増えていくのに抵抗を覚えるブーム」
が到来中だからに違いない

身軽に身軽に
そう星にお願いしてみる


端を、物語の淵を、淡々と歩いていたいのです




01:06 | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
01:06 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sensuzu.jugem.jp/trackback/270
トラックバック