ふたたびはわたらない橋のながいながい風

相も変わらず
負け試合を意気揚々と

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
くりかえしくりかえしはじまりにもどる
そうしたのは、たぶん、
私がいちばん楽な方法だったから

誠実なのではなく、怠惰なのだ

すべて消費してしまうのも、
罪悪感と向き合うのも嫌なのだ

棒を立てた砂山を
ひたすらに減らしていく遊びを
繰り返して、繰り返して、繰り返して

いつしか棒は日が沈むほうへ倒れたと
そう思っていたのに
きがつけば同じような砂山が目の前に

壊れそうなものは壊したほうが安心なんだ
でも壊れなそうなものだって
壊したほうが安心なのだ
けれども
壊す準備が整うまでは穏やかな時間を
ゆるりと楽しみたいと願うきもちも
本当なのです

00:40 | 思うこと | comments(0) | trackbacks(0)
最悪な、特になし
完全に自業自得だから自暴自棄にもなれないけれど、身動きとれない気分でどうしようかな。。。望みは特にないんだよだから選択ができないんだよ。だから諦めも勝利も奮起も悲しみもここには存在しない。このまま掬い続ければどこかで砂の山に立てた旗が倒れるかもしれないのでその日を待ちましょうか。あとは、晴天の霹靂ってカードを誰かが切るっていうのもいいかもね。
七月七日。七夕、星に願いを。
02:05 | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0)
ゼロには何をかけてもゼロだしなあ

チャリティだの、救援だの、支援だの
そんな言葉を冠に付けなければ何もできない昨今で
だからといって何から何まで臆面なく
そんな冠をつけて本当に良いのだろうかともやもやする

偽善ということばがあたまの隅のほうでぼんやり点滅したり

けれども、やらないよりはやったほうがよい
ゼロよりはそうではないほうがよい

というのも尤もなので
さらにどうしたものだろうとモヤモヤするのだ

結局は、自分が自分で信じられる範囲のほんのすこしの余計なことと
やらなくてはならないことを粛々とやるしかないのだと
そう言い聞かせながら日々を過ごすのです


やはり、あさのあつこさんの朝日新聞の寄稿文は
素晴らしい文章だと思う
本当の言葉を紡ぐ人が一人でも多く存在することを祈って


以下引用

おまえはどんな言葉を今、発するのだとこれほど厳しく鋭く問われている時はないのではないか。被災地に必要なのは、今は言葉ではない。物資であり人材であり情報だ。けれど、まもなく本物の言葉が必要となってくる。半年後、1年後、10年後、どういう言葉で3月11日以降を語っているのか、 語り続けられるのか。ただの悲劇や感動話や健気な物語に貶めてはいけない。ましてや過去のものとして忘れ去ってはならない。剥き出しになったも のと対峙し、言葉を綴り続ける。3月11日に拘り続ける。それができるのかどうか。問われているのは私自身だ。

01:52 | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0)
印象を煮詰めたら役になったり
昨年秋くらいから、ほんと久しぶりに演劇みたいなものを少々。

ある劇団のワークショップ的なものに参加してて
最終的には1本の芝居っぽいものをつくって上演するのだ

なんか芝居やりたいけど時間とか思い入れとか色々な制約とかがあって
どうしたもんだろ。。。とずっと思ってたけど、
思ってるだけじゃあどうしようもないので
できることをやってみようと

初めて体験する芝居の作り方を面白がったり
初めて体験する演出を面白がったり

初対面の人たちが思った「私ってこういう職業なんじゃないの?」
という予想というか妄想が役の素になったりで新鮮

自分以外の人になってみるという勘違いが
私の昔からの趣味なのだが
突き詰めていくと、どうしたって結局は私は私に戻っていくので
そんなもんだなと思ってちょっと楽しい日々です

台本はやっとできたけど
台詞を覚えられる気はまったくしなくて
あなおそろしや










00:34 | 日々のこと | comments(1) | trackbacks(0)
目的地はないんだ帰り道も忘れたよ
お酒をある程度飲んだはずなのに驚く程に
酔いのまわっていない深夜
フラワーカンパニーズの「深夜高速」を聴く

最近この曲ばっか聴いているんだ

フラカンはすごいバンドだと思う
まあ、あくまでも私の好みだということだけれど
こうやって粛々とガムシャラにひたすらに転がっている
そんなバンドをみるとそのひたすらさに心打たれる気分がする

この曲は本当にヤバイなあ、名曲だ



青春ごっこを今も 続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない
真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る
目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ

壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない
だからといって全てに 満足してるわけがない
夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく
心の中の漂流者 明日はどこにある?
(歌詞一部引用)


追記)
フラカンで好きだった曲を思い出したのでメモ
1998年だと!当時はこのストレートさを気恥ずかしく思ったものだ
私の中のフラカン像はこの時のイメージがとても強いので
今のいぶし銀な彼らをみると良いいっそう感慨深い
格好良いバンドだぜ



ヤングフラワー ヤングフィーバー
ヤングシャワー ヤングファイヤー
どこまでいこう(オール オア ナッシング)
くたばるまで(オール オア ナッシング)
夜明けをめざして きのうよりも若く
「ホップステップヤング」(歌詞一部引用)



02:41 | 音音音 | comments(0) | trackbacks(0)
7/366
一日一詩
三百六十六篇の詩で構成された素敵な本

適当にパラパラ読んでいるので全て読んでいないだろうけど
好きなページはいつでも読めるように端を折り曲げてある

二月十九日
六月十八日
七月十八日
七月三十一日
八月十一日
九月八日
九月十二日

今のところのお気に入りの文章はこれらの日付にあるのです
一番好きな一篇を引用しようかと思ったのだけれど決められないのでやめた



01:27 | 本本本 | comments(0) | trackbacks(0)
端を、物語の淵を、歩く

新年あけまして。でもあんまり明けた実感がないな。

なぜかどうもどうにもこうにも
安定感のない今日この頃
柄にもなく今年の目標とか定めそうになっちゃったもの
年末年始でチューニングしようとしたら
組み立て方が分かんなくなっちゃった的な様相

まあ、どうしたって、どうもしなくたって
なるようにしかならないのだし
自分の枠やスタイルは外に出ないように囲うためのものじゃなくて
前線を上げてく時にかかげる盾のようなものだと

そう思ってお茶を濁してみる


がっつりモノを減らしたい衝動にかられているのだけど
面倒くさくて行動に移しきれない・・・
セール始まったから伊勢丹/西武など覗いたけどいまいち物欲刺激されず
たぶん「モノが捨てられないのに増えていくのに抵抗を覚えるブーム」
が到来中だからに違いない

身軽に身軽に
そう星にお願いしてみる


端を、物語の淵を、淡々と歩いていたいのです




01:06 | 日々のこと | comments(0) | trackbacks(0)
揃えて脱いで靴箱へ。晒して剥いで剥製に。
 しばらくぶりに会う人の
「あいかわらずだね。全然変わらないね。」
という言葉に込められているのは、
決して褒め言葉だけではないとは分かっているけれど

その言葉に救われた気持ちになるのは何故なんだろう


作家の江國香織が一番大切にしている言葉は
「記憶と誇り」
だと語っていたのを思い出す。

その理由は・・・
どちらも誰にも侵されることなく死ぬまで自らが持っていられるもの
そして死んだ後にまで残るもの

というようなニュアンスのことを言っていて
とてつもなく尤もで素敵な話だと思った

記憶と誇り

この言葉に救われた気持ちになるのは何故なんだろう

たぶんたいした意味なんてないんだろうな
01:19 | 思うこと | comments(0) | trackbacks(0)
予定調和の反乱
負けない戦しかしないのじゃなくて
負けてもよい戦しかしないのだ


予想通りにいかないと不安と苛立ちの間な気分になり
予想通りになってしまうとひどく退屈でがっかりしてしまう


呆れるくらいどうしようもない性分をもてあわしながら
予想通りに行かないと少しだけワクワクすることが、勝ちたい気持ちの破片だったらいいなあと思ったりもするのだ
04:12 | 思うこと | comments(0) | trackbacks(0)
運命なんて便利なものでぼんやりさせて


 真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた


9月とか夏は終わったような気分にさせるだけさせておいて
こんな暑いなんて反則技だなあと太陽を見上げながら思う

とても年上なはずなのにたいそう素直な人をみると
私のひねくれ具合をまざまざと見せつけられたような気分がして
まいったなという気分にさせられる
でも相変わらず私はここでぼーっとしていることしかできないんだ
心の中では百回くらい謝っていたり誤っていたり罵っていたり感謝したりしながら

なんだか今年はフジファブリックの「若者のすべて」を
よく聴いた夏で
それはきっとbankbandがカバーしたからなんだろうけど
やはりオリジナルが一番好きだな
志村さんはもういないけどこの曲は残っていくのか
最後の花火はいつだろう
今年は線香花火をやっていないのが心残りだ



最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

最後の最後の花火が終わったら
僕らは変わるかな 同じ空を見上げているよ






02:06 | 思うこと | comments(0) | trackbacks(0)